スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年度下半期ニコマス20選 リストアップ



 例によって散々悩ませてくれた20選が、今年もまたやってきた、ってことでリストアップ。
 それぞれについてとかはすげー長くなるのがわかりきっているので、格納。

基本レギュレーション
・対象は2009年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログもしくはマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
・選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でもオッケー)

 細かい点などは、主催である卓球Pのblogへ
温泉卓球場 2009年下半期ニコマス20選ポータル


以下自分ルール。
・ナンバリングは整理用。順番は意識しているけど、優劣や順位を意味するものではない。
・P名表記のないものは、そのことを明記した上で投稿者名義を記載。
・ボカロ曲作品、合作は動画作成者を優先した上でP名併記。
・イベント参加作品はそれについても表記。ただし、抜けがあるかも。
・PVが多いのは仕様。つーか、ノベマスとか架空はあんま見てない。



 てことで以下格納

 




.01
potechiP
マチゲリータP

Voc@loidm@ster祭り3参加作品

 どこまでも派手で陽気で不吉、無邪気で無慈悲。
 いかにもハロウィン、という空気を作り上げているのが見事。
 
 冒頭、よくある普通のPVなのかなー、とか思っていたら、いきなり目の端に映るショッキングな映像。そこで一気に心を捕まれてしまう。
 そうして個々を見せてゆき、その後に繰り広げられるのはまさに「宴」
 ここのシーンの、アイドルたちの配置がまた絶妙。
 普通、ついこういうのは全員が納まるようにしてしまいがちだけど、potechiPは画面から見切れるキャラが出るのを恐れず、ステージを目いっぱい使ってアイドルたちを躍らせている。
 この派手さ、自由さ、楽しさ、コントラストを強くした色調もあわせて、まさにハロウィンパーティーを描き出している。

 いや、ほんと楽しいわ、この作品。
 今期の1オシ。

.02
つかさP

ニコマス・メイド祭り'09参加作品

 かわいい作品に定評のあるつかさPが、やよいおりですと!?
 これは、ずるい組み合わせ。そりゃ勝てない。
 色がいい、デザインがいい、そーゆーだけの話ではないのだろうなぁと思う。なにより、アイドルたちのかわいさをちゃんと知っているから。
 まず、そこからなんだろうな、と。

.03
親父の味P


 もちろん、元となった動画が大好きだというのはある。単純にあの作品がリメイクされた、それだけでもとてもうれしかった。
 でもまさか、そのRePro作品がこんなにも完璧な作品だなんて。
 完璧、そう言うしかない。
 まず元となった作品があって、それを丹念に磨き上げた、より純粋になった、そんな作品。
 違う視点から、別の方向性から、といったやり方が悪いなんて言うつもりはない。それだってもちろん、正しいRePro作品、リメイクのあり方だ。
 ただ、親父の味Pはそれを選ばなかった。かつての作品に正面から向かい合って、同じ世界を、より美しい世界を作り上げた。
 これはほんと理想的な、完璧と言っていいRePro作品。

.04
keykeiP

美希誕生祭

 961プロへの移籍から始まった、去年の美希。そういった展開にはさまざまな声があったけれど、結局一番(バンナムに)振り回されていたのは美希自身だったように思う。
 そんな彼女に、大丈夫だと、あなたは幸せになると歌いかける。
 この視点の優しさがたまらない。

.05
鳩P


 目が離せない。
 映像加工という意味では、それほど目新しい手法ではないだろう。画面構成はシンプルだし、カメラはまったく動かない、色もほぼ単色。
 だけど、目が離せない。
 千早の訴える言葉が、言葉にならない何かがとてつもなく重くて、見るたびに胸が苦しくなる。それなのに、だから、目が離せない。

 20本選ぶ、と聞いて最初に思い浮かんだのがこれだった。
 今期最も衝撃を受けた作品。
 描写は柔らかくて繊細なのに、その中にとんでもなく重くて鋭いものを潜ませている。鳩Pの動画はどれもそんな印象を受けてしまう。

.06
しゃどP


 何かを表現しようとするとき、絵が描ける、ってのは間違いなく強みだ。自分の表現をストレートに形にできる、それがマイナスになるわけがない。
 だけどしゃどPは、それだけで満足しきれていないのだろう。
 描いた絵を並べただけではなく、それをあくまで素材の一つとして作り上げた映像作品だといえる。
 一人でいろいろできるってのは単純にすげーって思ってしまうんだけど、当の作品では一人は寂しいと歌っている。このシニカルさがしゃどPの一番の魅力なんだろうか。

.07
もあP
アゴアニキP

Voc@lodm@ster祭り3

 元PVが色々とうまくできすぎているせいか、どうもネタ曲のイメージが強かったというのが正直なところ。
 それを、アイマスを材料として翻訳してみせたということだろうか。文字としての表現は歌詞以外にはほとんどないのに、その背景にあるストーリーをしっかりと見せてくれる。
 もちろん、歌の力はある。こういう言い方は失礼かもしれないが、これだけの再生数になった理由として、曲のネームバリューもあるだろう。
 だけど、その曲の持っている力、それが持つネームバリューに負けないだけの表現力をこの映像は持っている。
 雪歩という“力強い”キャラクターと併せて、そんな風に感じられる。

.08
フランP


 これを9月に投稿するってのはずるいなぁ、そんなことを思ってしまう。
 いつも夏の終わりに感じる何か。終わってしまう、終わってしまったイメージ。寂しいわけでも悲しいわけでもない、ただ終わってしまったと振り返る感覚。そんなものが詰め込まれた作品。
 これは、間違ってもいわゆる大作ではないだろう。
 だけどどこか心に引っかかる、なかなか忘れられない、そんな作品。

.09
発破P

真誕生祭

 次々と切り替わっていく映像も楽しくていいんだけど、それはまぁおまけ。
 この手作り感あふれる、いかにも765プロらしい優しく暖かい空間。これがたまらなく好きだ。
 誰かに「おめでとう」ということができる。それはきっと、すごく幸せなことなんだろう。

.10
のぽぽんP

真誕生祭

 いやこれはかっこいい。
 フォントの出し方、構図の取り方、どのシーンを切り取ってもそのままポスターになりそうな絵の作り方が最高。
 そして、小気味いいリズムに合わせて踊る三人の楽しそうなこと。
 どこをとっても楽しい、見ていて気持ちいい、ほんとに隙がない作品だ。

.11
abP

Loc@lM@ster 2nd region参加作品

 やー、これかわいいなぁ。
 自分は東京育ちなんで、どうも方言とかにちょっと憧れる部分もあったり。
 いろはPをパク……リスペクトした映像演出もかわいくて、終始ニヤニヤさせられっぱなしでした。
 しかし、なぜ雪歩なんだろう? そんな田舎娘なイメージなのか?w

.12
junP

HaRuKarnival'09参加作品
Nicom@sRockFes09参加作品

 今期、純粋に映像の気持ちよさという点では、この動画が一番だったと思う。
 ダンス、パン、構図、切り替えのタイミング、一見シンプルな作品なのに、さまざまな演出がこれでもかと詰め込まれている。
 カメラだけでこれだけの表現ができる、エフェクトに頼らない演出の力。
 かっこいい、かわいい、楽しい、気持ちいい。
 そういった感情を思いっきり掻き立ててくれる。見ているだけでハッピーになれる。

.13
Yu8氏


 なに、この……なんだろう、このかわいらしい生き物は?
 よちよちと歩く頼りなさが、なんだかすげーツボ。

.14
dbdbP

たかぎ社長の特別番組

 白黒だけの画面なのに、ひどく鮮やかに見える不思議な動画。
 水墨風のエフェクトや、それぞれの姓を大写しにした画面など、白黒であることを強く前に押し出した作品であるのに、その中から溢れるようなパワーが、枯れたような印象を一切与えない。
 鮮やかでカラフルで力強い、そんな作品。

.15
ぎょP


 ぎょPはいつもながらに多作なんだけど、今期はほんとにいい作品が多くて悩まされた。
 特に、
 『THE BAWDIES「I'm In Love With You」真美 春香 美希』
 『モーニング娘。「Go Girl ~恋のヴィクトリー~」ALLST@R』
 そしてこの『「MY FOOT」 the pillows 真美 春香 美希』
 10月以降に発表されたこの3作は、どれも素晴らしくて本当に困った。
 その中からこの作品を選んだ決め手は、歌がいいとかそういうのもあるんだけど、何よりもそのカメラワーク。
 乱雑なくらいに大きく動かされるカメラが、歌声とあわさってこの動画の力強さを作り出している。
 強いイメージを持って作られた構図ってのは、なににも勝る演出なんだと改めて思い知らされた。

.16
ナファランP


 これもまた、カメラの使い方が素晴らしくかっこいい作品。
 何度もリフレインされるサビの部分とか、コーラスの表現とか、一見シンプルに見えて、数多くのアイデアに満ちている。
 これを「シンプルなダンスMADだ」なんて口が裂けても言えない。確たる意図の下に、しっかりと演出された作品だ。

.17
ごまP

真誕生祭

 やっぱり、アイマスMADの華といえば公式曲作品だと思うのですよ。
 特に真は、その伸びのある声が美しくてたまらない。
 MS05に収録されたこの曲は、ヒロイックなかっこよさに満ちた「エージェント」や「迷走Mind」、しっとりと聴かせる「まっすぐ」といった今までの真の曲とは違って、ありふれた、まっすぐで純粋な、16歳の素の女の子としての魅力に満ちている。
 その曲の魅力を余すところなく映像化されました、なんて言われたら勝てるわけないですよ。

.18
ドリ音P

Voc@loidm@ster祭り3

 いやもう、これは反則でしょ。
 ロボキッスももちろんいいんだけど、自分はこっちのほうが好き。伸びやかなサビの美しさに一発で惚れた。
 技術がすごいとかそういうのじゃなくて、ただ、聴いていて気持ちがいい。

.19
ザッP

シリーズ物

 今期、一番楽しみにしていたシリーズがこれ。
 パラノイアとかえらく懐かしい感があったりなかったり。でもそんな感傷はあんまり関係なく、このトチ狂った世界に流されるようにどんどん壊れ……もとい、幸福になってゆくアイドルたちの姿が、純粋に楽しいシリーズ。
 しかしこれ、セッション終わったあとにまともな人間関係残るんだろうか……?
 
 あと、UV様のかわいさはガチ。

.20
卓球P

Nicom@sRockFes09参加作品

 さぁあと1本、ラストの1本だ……と考えたら、これしか思い浮かばなかった。
 前回、上半期20選のEDを飾った動画。そのときの印象がとても強く残っている。
 前に進んで行く力強さに満ちた、エンディング、だけどオープニング。

 告知動画の狡猾を見てしまったので、ちょっと悩んだのは秘密w あれがなけりゃ迷わず入れてたけどなぁw


 以上20作品を、09年度下半期ニコマス20選に選ばせていただきました。
 で、サムネ1選

オプティマスP


 いや、こんなかわいいサムネ見せといて、最初に出るのがあれってどーゆーことよ?
 絵の再現度が高すぎるだけに、この威力は高すぎたw


 まぁ、趣味が出るよね、こういうのは。

 ざっと見ていて感じたのは、新しい手法を模索しようとする作品の多いことだろうか。
 手描きやMMDが多くなった、というだけではない。
 色の表現、構図のとり方、文字の表示方法。
 そういったものも、個々のパーツで言えば前から使っている人はいくらでもいた。しかし今は、一つの武器だけでは満足できない、色々な表現方法を持った上で自分なりの武器がほしい。
 視聴者が、或いは作者が、そういうレベルになってきているのではないだろうか。
 そういう、ニコマスというフィールド自体の進歩が着実に感じられた。
 いや、なんだかんだで去年も素晴らしい1年だったと言っていいだろう。
 
 
 最後になるが、

この20選企画の発案者である卓球Pに、
素晴らしい作品を見せてくれたP諸氏に、
その発表の場であるニコニコ動画に、

 心からの感謝を述べたい。
 願わくは、次の機会、また次の機会が平穏に訪れますように。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。